IMG_0001

書こう書こうと思っていて、すっかり忘れていた断乳の時の話です。
コメントでも、断乳話についてリクエストがありましたので
今日は断乳話です。

夜間断乳は以前におこなっていまして(そのときの記事→)、夜中はもう飲まなくなっていたのですが
昼間はグッビグッビのんでいました。

二歳くらいで自然と卒乳するかなー。と、思っていたのですが
二歳過ぎても卒乳の気配すら感じられなかったので

断乳を決行しました。


IMG_0002
 初日を日曜に設定しようかとも思ったのですが
多分、三日目の方が私が疲れ果ててそうだと思ったのでこのスケジュールにしました。

しばらく良い天気が続く、9月の30日からスタートしました。 


IMG_0003

あまりわかっていなさそうでしたが、二日間言い聞かせてみました。


そして始まる断乳への道。

IMG_0004
起きたらまずおっぱいだったのに、そのおっぱいがこないことにお怒りモード。

こんな感じで三日間かぁ…と、心折れそうでした。

が、ここは文明の力を借りることに



IMG_0005

割とアッサリ気を逸らすことに成功。

IMG_0006

家にいると、おっぱいおっぱい!になりそうなので
たくさん遊べる大型の公園でずっと遊んでいました。

公園にいる間は特におっぱいは欲しがらず。作戦成功。


家に帰ってからも、おっぱいとは言うけれど
朝のように泣いてまでほしがることはなく、何かでか気をそらしてしまえば
スグに忘れました。


お風呂はどうしようかと思いましたが、この作戦で

IMG_0007


そして一日も終わる就寝の時間。

IMG_0008
夜間断乳のおかげで、真っ暗になった寝室ではおっぱいはこないとわかっているのか
まったくほしがらずに寝る準備に入りました。



と、こんな感じで一日目終了。


夜間断乳を先にしていたおかげで、そこまでグズられずに乗り切れました。

おっぱいを思い出させまいと、あの手この手でチカの気を紛らわせていたので
ヘトヘトにはなりましたが、想像していたよりかは大変ではありませんでした。


二日目も同じ感じで終わり、三日目はチカ父と遊んでもらって
たまーに、おっぱい とは言うけれど本当に飲むわけではなく
ちょっと触っておしまい。

そんな感じでおっぱいへの興味が薄れていきました。



…すみません、私の記憶も薄れすぎていてこんな感じになりました。
もっといろいろ大変だったような気もしたのですが、終わってみるとそうでもなく。








断乳してからのご飯の変化はコチラ!→





今回は、ぴかりん母さんからのコメントで断乳話を思い出しました。ありがとうございます。


以前のリュックの記事は、かなさんからの質問コメントで書いたものです!


あと、昨日の絵本の話はチカの言葉がわかりにくかったようなので
訳をつけておきました!










ランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!


育児絵日記ランキングへ